EQUIPMENTS

アルミハウジング圧入機

自動車用アルミハウジングへゴムブッシを圧入する設備。
産業用ロボットで設備に投入したアルミハウジングにゴムブッシュを圧入し、ロボットで排出を行います。ゴムブッシュの圧入機構には電動サーボシリンダを使用しています。圧入力は最大で98KNまで対応が可能です。また、圧入するゴムブッシュは、ホッパーで自動供給を行います。

コア成形機

熱交換器の曲りを修正する設備。炉上がり後の熱交換器は曲りが生じます。設備に製品を投入すると成形前に測定したデータを基に各ステーションで成形を行います。成形が完了すると再度測定を行い設備から排出します。この設備は製品投入から排出まで全自動で高速に動作することが可能です。

この様々な検査機をご提案することが可能です。

シェービング機

熱交換器用アルミ部品の切削加工を行う設備。コンベアに製品を投入すると全自動で搬送、切削加工を行い、排出します。この部品に特化した仕様に合わせ製作した設備です。

嵌合検査ロボットシステム

産業用部品の検査を行う設備。パーツフィーダーで送り出した部品を、産業用ロボットを使用して嵌合治具に挿入し、嵌合検査を実施します。嵌合検査には力覚センサーを使用し、良品と不良品に仕分けて排出します。パーツフィーダーを含めた嵌合治具をユニット化することで、ユニットの交換が安易に行え、多機種の対応を可能としています。 ロボットに力覚センサを組込むことにより、検査だけではなく、部品組立て等の様々なアイテムへの対応が可能となります。

ばら積みピッキングシステム

新商品開発に向けて、高度なばら積みピッキング3Dロボットビジョンシステムの商品化及び高付加価値化を構築する為、キーエンス3DロボットビジョンシステムCV-X480Dの導入し、3Dビジョンカメラによる高度技術の習得し新商品システムを完成させました。

3カメラとロボットを駆使し、箱中にばらばらに積まれた箱中の対象物を正常に取ることを目的としたシステムとなります。

アングルビス締め機

住宅用サッシの2つのフレーム部品をビスで締めて固定する設備。オペレータがフレーム部品を投入した後は、自動で搬送してビスを締めを行います。完成した製品は自動で排出します。

格子組立機

住宅エクステリア用格子の組立てを行う設備。オペレーターが投入した3つの部品を自動で搬送、プレス穴明け・ビス締めを行い排出を行います。

仮組治具

トラック用フレームの組立てを行う設備。様々な部品をオペレータがセットした後、位置決め・部品固定を行い組立てを行います。サーボモーター等を使用し多品種に対応しています。

治具設計は、様々な角度から工程検討をしなければなりません。当社はこれまで培った実績をもとにお客様のニーズに応えます。

ボール圧入カシメ機

自動車用アルミケースに封止用ボールの圧入とカシメを行う設備。オペレータがアルミケースを投入した後は、全自動でボール圧入とアルミケースのカシメ、カシメ後の検査を行います。すべての工程が完了した後、多軸ロボットで設備からアルミケースを取り出します。

産業用多軸ロボットを付加した設備のご提案が可能です。

コネクターカバー自動組立機

自動車用樹脂成型部品を搬送し組立を行う設備。2つの部品を組み合わせピンを圧入し、1つのアッセンブリー部品に仕上げます。自動化することで大幅に生産タクトを短縮し、省人化が可能となりました。

RECRUIT

私たちの仕事は、お客様と対話しながら進めていくもの。だからこそ、コミュニケーション力や前向きな姿勢を重視しています。1人ひとりのチャレンジを後押しする社風なので、意欲次第で幅広い知識とスキルを習得できるはずです。

READ MORE